忘年会や慰労会は必要か?の話

忘年会

会社の忘年会や慰労会は必要ではないという意見が大半だと思います。忘年会や慰労会は不要であり迷惑であるということが書かれているサイトやブログが山ほどあります。

私も基本的には忘年会や慰労会は必要ではないと思います。しかしそれは慰労会などをやらなくても意思疎通がしっかりとできている場合。上下関係や年齢関係なく、普段の意思疎通をすることもなく、仕事もまともにやらず、忘年会や慰労会なんてふざけるな!と文句を言っている人が多いと感じています。文句や意見を言うことは必要だと思いますが、やるべきことをやってから言うべきです。

忘年会や慰労会を否定している人達に問いたいのですが、毎日の仕事の中で最低限の意思疎通はできていますでしょうか。慰労会や忘年会などの提案があるということは会社や上層部だけの問題ではなくて、意思疎通をしないあなた達にも問題があるのではないでしょうか。

意味のない飲み会に連れ回すおっさん達が多いということはよくわかっています。しかしそれと同じくらい何もせずに文句ばかり言っている人も多いというのが現実。好き好んで無駄な忘年会や慰労会をしているおっさん達がどの程度いるかどうか。意味なくやりたいおっさんも多いと思いますが、やりたくないおっさんが多いというのも現実。

そもそも仕事中に意思疎通ができない人達が忘年会や慰労会をしてわかりあえるかどうかというところは非常に大きな問題だと思っています。忘年会や慰労会をしないと意思疎通ができない仕事のやり方、人間関係など性格の不一致など、基本的な部分で継続的に働くことができない状況ということなのです。

ネタとして忘年会や慰労会のことは文句を書きやすく、経営側や上司側よりも下の人の方が発信能力が高く読む人も多いので忘年会は無駄とかなくすべきという記事は指示されることが多いですが、本当にそれが現実なのでしょうか。

忘年会や慰労会が必要だとは思っていませんが否定記事のあまりの多さには疑問を感じます。結局文句を言い放つだけで解決策や問題点はうやむやのまま、無駄に忘年会や慰労会を開催しているおっさん達とどっちが良いのか悪いのか、私からしてみればどっちもどっちでダメに見えます。

考えるべきことは忘年会や慰労会の有無ではなく、お互いの意思疎通能力や仕事能力が足りないということ。その不満を持ちながらの仕事継続は効率が悪く、お互いにとって不幸せな時間を過ごすことになると思います。自分に直すべき点があればすぐに改善すべきです。

自分に直すべき点がないのであれば、忘年会がどうのとか慰労会がどうのとか文句を言っていても意味がないのですぐにで職場を変えるべきです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly



プロフィール

最近の記事

Instagram

@yamakenkenken
Instagram

Facebook

Twitter


人気のエントリー

私の他のサイト

カテゴリー

月別の投稿

    
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>