ロシアワールドカップ初戦、日本対コロンビア戦!の話

ワールドカップ

ロシアワールドカップが始まり、本日6月19日21時から日本代表の初戦であるコロンビアとの一戦が始まりました。

前半6分に香川がPKで1点を先取しましたが、前半終了直前の39分にフリーキックを直接決められて同点で前半が終了しました。

3対0か4対0くらいで負けてしまう予想に反して日本代表が先制して、コロンビアは1人退場になってしまい11人対10人の状況。前半終了直前に同点に追いつかれてしまいましたが勝利の可能性もあり、同点で勝ち点1を得るチャンスも十分ある状態になっています。

先発メンバーは以下の通り。
川島 永嗣
昌子 源
長友 佑都
酒井 宏樹
吉田 麻也
柴崎 岳
原口 元気
香川 真司
乾貴士
長谷部 誠
大迫 勇也

後半も選手交代なくスタートしました。

私は4対0で負けると思っていましたし、ぼろ負け予想に反して善戦しています

後半25分に香川に代わって本田がピッチに立ちました。勝てる可能性は低いと思いますが11対10と人数的に優位な状況。今日の試合以外は時間的に観ることができないので今日の試合に少し期待をしたいです!

後半28分に本田のコーナーキックから大迫が勝ち越しゴールを決めました2対1で日本が勝っているという驚きの展開です。

スポーツは何が起こるかわからないですね!

2018年6月19日追記
ロシアワールドカップ初戦、日本対コロンビア戦は2対1で日本が勝ちました。

誰もが0対4くらいで負けると思っていたので、前半早々にコロンビアにレッドカードが出て退場者が出た影響でほぼフルタイム10人対11人の戦いでしたが、実際の実力差を考えると奇跡的な勝利です。

半分寝ていたのでどうして勝ったのかよくわかりませんし、ちゃんと観ていたとしても私には勝った原因はわからなかったと思います

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなしという言葉の通りのことが起きたのだと思います!

2018年6月20日追記
本当は試合前に各社の予想スターティングメンバーや報道の論調に対する感想を書き、試合中は試合を見ながら追記、試合後はもっとしっかりとしたことを書こうと思っていたのですが時間を確保できず、ほとんど何も書けずに終わってしまいました。

試合前は勝利を予想していた報道はありませんでした。元Jリーガー選手などの中には願望を込めて勝利予想をしていた人もいるようですが、本気で勝利すると思ったいた人はいないでしょう。

しかし勝った途端に報道の論調が変わりました。
奇跡ではなかった。西野J「サランスクの大金星」が生まれた理由とは?

このような感じで絶賛方向の報道ばかりになりました。相変わらず勝てば強い!今後も勝ち続けるという方向の報道、負けると弱い!今後も負け続けるという方向の報道ばかり。その時の勝ち負けに関係なく論理的なサッカー記事を書く人はいないのでしょうか。

私はサッカー素人ですのでサッカーに関しては論理的なことは全く書けませんが、誰よりも正直な感想を書くことはできます。

昨日のコロンビア戦の私の感想は日本が強かったのではなく、コロンビアが強くなかったと感じました。開始早々に1人が退場になってしまったことと途中出場したハメスロドリゲスの体調が良くなかったことが、どの程度影響していたのかは私にはわかりません。理由はわかりませんが昨日のコロンビアは強くなかったと感じました。弱かったのではなく、強くなかった!です。

日本のサッカーは相変わらず面白くありませんでした。勝利したにも関わらず観ていて眠くてしょうがなかったです。このままグループリーグを突破する可能性もありますが、若い選手が少ないこのチームで勝ち上がったとしても先につながる部分は少ないです。一時的にサッカー人気が盛り上がるくらいでしょうか。

報道の論調がグループリーグ突破は絶対にないという状態から、グループリーグ突破ありきの方向に変わってきています。本当にそう思って記事を書いているのでしょうか。

私は残り2試合は2敗でグループリーグ敗退すると思います。私の予想がハズレることを願っています!
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly



プロフィール

最近の記事

Instagram

@yamakenkenken
Instagram

LINE@はじめました

友だち追加
LINEアット

Facebook

Twitter


人気のエントリー

私の他のサイト

カテゴリー

月別の投稿

    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>