弱いサッカー日本代表を観て思ったこと!の話

サッカー

サッカーのことを全くわからないド素人の私。
全然わからないからこそ、大多数のサッカー素人が感じたこと、思っていることを代弁できると思い書きました。

昨日はサッカー日本代表がウクライナ代表と対戦しました。
6月に開催されるロシアワールドカップ前のテストマッチ。

ウクライナはワールドカップグループリーグで同組になったポーランドに似ているということでテストマッチの相手に選ばれました。
結果は2対1で負けました。

3月23日は1次リーグで同組になったセネガルと似ているということでマリとのテストマッチがありました。
結果は1対1の引き分け。

両試合共に面白くなかったので短時間しか観なかったのです、とにかく観ていてつまらなかったです。
そして日本代表チームがとても弱くてつまらないチームだと感じました。
詳しい戦術などは全然わかりませんが、弱くて戦術も面白くない。

日本代表戦の観客動員数もかなり減ってきています。
テレビで観ていても席がガラガラのことが多いですよね。
しっかりとしたデーターを拾ってきたかったのですが時間切れで探すことができず。
日本代表ホーム戦「観客動員数トップ20」

サッカー日本代表ホーム戦、観客動員数トップ20のデーターだけは観つけてきました。
2010年以降も何試合か観客動員数が多い試合がありますが、昔の方が2000年前後の方が圧倒的に観客動員数が多いですね。

最近は観客動員数最低を更新したり、3万人程度しか入らないことが多くなっています。
サッカーが面白くなくて、さらに弱いことが影響していると思います。
面白くなくても強ければまだ観に行きたいと思いますが、弱いチームは魅力が全くありません。

なでしこジャパンの人気が出た理由は強かったから。
オリンピックやワールドカップで活躍した後だけ観客動員数が増え、人気は長期間持続しませんでしたが、それでも強くないと短期的にも観客動員数やファン増加は見込めません。

強いと人気が出るというのはサッカーに限らず全ての競技に当てはまることです。
平昌オリンピックでもパシュートなど、あまり知られていなかったマイナー競技。
金メダルを取ったことで知名度も人気も獲得することができました。

今人気があるフィギュアスケート。
羽生選手など強い選手がいるから注目されいていますが、強い選手がいなくなってしまうと人気がなくなり、観客動員数も激減します。

女子フィギュアスケートは浅田真央選手が引退してしまってからの観客動員数の落ち込みはかなりのものだと思います。

これもエビデンスを貼りたかったのですが間に合いませんでしたw
各エビデンスは後で覚えていたら追記で書こうと思っています。

【サッカー日本代表】歴代監督
サッカー日本代表はトルシエさんが監督だった頃、1998年から2002年6月の日韓共催ワールドカップまで。
この頃がサッカーを観ていて一番楽しかったです。

内容がどうであってもアジアカップやテストマッチで勝つことが多かったですし、期待通りにワールドカップ一次リーグを突破してくれたことが大きいと思います。

トルシエ監督の後は2002年7月から2006年6月までジーコ監督。
有名選手を沢山使ってくれたことで最初は楽しく感じていたのですが、非常に弱いチームでした。
この頃から日本代表が元の弱いチームに戻ってしまいました。

2006年8月からはオシム監督。
サッカーに詳しい人にとっては楽しい監督だったようですが、素人の私にとってはジーコ監督以上に面白くない監督で、さらにサッカーを観る機会が減ってしまいました。

2007年11月に病気の影響で退任。
2008年1月から2010年6月までは岡田監督。

この時も弱かったので全くサッカーを観ませんでした。
しかしワールドカップのグループリーグを2勝1敗で突破。
この時は観ました。
勝てそうな試合、勝てそうな感じになると観る気になります。

ここで再び代表チームの試合に興味が出てきたのですが、続くザッケローニ監督、アギーレ監督、そして現監督であるハリルホジッチ監督。

年数が経過すると共にどんどん弱くなり、面白くなくなり、最近は全く観なくなってしまいました。
根っからのサッカーファン以外に、今の代表戦を観たいと思う人ってあまりいないと思います。
だって弱くてつまらなすぎです。

今後の見通しもあまりよくありません。
1999年ワールドユース選手権(20歳以下の代表チーム)で準優勝をしました。
この時の主力メンバーであった小野、稲本、遠藤、高原、小笠原、元山、などがその後の日本サッカーを牽引してきました。

最近はワールドユース選手権で結果が残せいないどころか、その前のアジア予選で敗退してしまい、若い世代が全く結果を残せていません。

これは今後数年は日本サッカーが低迷し続けることを示唆しています。
代表チームが弱いと代表戦の観客動員数が増えないだけでなく、Jリーグの観客動員数にも大きく影響します。

コアなファンは強くても弱くても観に行きますが、私のような中途半端なサッカー好きは強くないと観戦に行くことなどあるわけもなく、それどころかテレビでも全く観なくなってしまいます。
サッカーは好きだけど、でも素人である私のような人達を引っ張り込まないとさらにじり貧状態になってしまいます。

野球チームの話ではありますが、横浜DeNAベイスターズはこの辺の戦略が見事だったと思います。

監督に問題があるのか選手に問題があるのか、両方なのか。
野球と違い、個々のチームを強くすれば良いだけではないので難しいとは思いますが、サッカー協会の人達、この状況を楽観しすぎなのではないでしょうか。

私のようなサッカー好きのサッカー素人が代表戦を観戦に行きたくなるくらい楽しいチームにしてもらいたいです。

2018年4月27日追記
弱い日本サッカーが強くなるためにはどうしたら良いか、サッカー素人視点で考えてみたところ、Jリーグを発展させること以外にない!ということに気付きました。しかしJリーグは観戦がめんどくさい。行くのがめんどくさい。今の状況では客が増える予想がない!ということを書きました。
サッカー観戦はめんどくさい!の話

4月9日にハリルホジッチ監督が解任され、西野朗監督が代表監督に就任しました。この監督交代は短期的にも長期的にも非常に最悪の決断だったと思い、サッカー素人視点でこの交代について書きました。
サッカー日本代表監督交代は意味があるのか?の話

2018年4月29日追記
ワールドカップのグループリーグ追加予想なんてサッカー素人の私にでも簡単に書けます。プロだったら素人の私には書けないような予想を書いてもらいたいです!ということを書きました。
サッカーワールドカップ予想のいい加減さ!の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly



プロフィール

最近の記事

Instagram

@yamakenkenken
Instagram

Facebook

Twitter


人気のエントリー

私の他のサイト

カテゴリー

月別の投稿

    
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>