コインチェック社がマネックス社に買収されそう!の話

仮想通貨

2018年4月3日13時過ぎに日本経済新聞から、「マネックス社がコインチェック社に買収案を提示した」とのニュースが流れてきました。
コインチェック支援要請 マネックスが買収案提示

コインチェック社は2018年1月26日にXEMネム580億円相当の流出事件を起こしました。
580億円相当という普通では考えられない規模の流出事件だったので、破綻間違いなしと思われていました。

事件が起きた1月26日からビットコイン売買以外の全ての取引がストップしてしまいました。
このまま破綻してしまいそうな気配でしたが、2月13日から日本円の出金が再開されています
XEMネム580億円相当額流出事件の流れ!の話

コインチェック社から日本円の出金が2月13日から再開しそう!の話です

そして3月12日からETH、ETC、XRP、LTC、BCHの売却が可能になりました。
3月22日からLSK、FCTの売却が可能になりました。

単独での再建は非常に難しい状況なので当初から買収しか営業継続の道はないと見られていました。
買収先が見つからない場合はおそらく破綻。

私は楽天が買収すると思っていたのですがマネックス社でしたね。
マネックス社は今件に関して

「社会的に信頼される仮想通貨交換業の検討を進めてきた。報道された会社(コインチェック)の買収を検討しているが、現時点で決定した事実はない」

とのコメントを出しています。

正式決定はされていませんがこのまま話が進みそうです。
コインチェック社に少額ではありますが、まだ預けっぱなしになっているコインがあるので、ぜひ話を進めてマネックス社の買収が問題なく行われることを願っています。

マネックス社が買収することが決まれば仮想通貨取引所事業への大手参入はDMMに続き2社目です。
大手2社が参入してくるということは、まだ仮想通貨が終わらない可能性があるとの認識があるからのはず。

マネックス社買収でコインチェック社事件の悪影響がひとまず終了してひと段落です。
もう盗まれたXEMネムがどこでどうなっているのか、どうでも良くなりました。

今もまだ仮想通貨市場はコインチェック社事件の影響が残り、数ヶ月にわたり下落基調が続いており、お通夜のような状態が続いてしまっています。
仮想通貨市場はお通夜状態!の話

まだしばらくはビットコインを中心とした仮想通貨市場は低迷しそうですが、信用性と信頼性が増すことで夏から秋以降に再上昇してくることを期待しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly



プロフィール

最近の記事

Instagram

@yamakenkenken
Instagram

LINE@はじめました

友だち追加
LINEアット

Facebook

Twitter


人気のエントリー

私の他のサイト

カテゴリー

月別の投稿

    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>